MENU

不動産の売却査定だけでなく買取査定や賃料査定など様々な査定を取り扱っているのが特徴

今すぐリガイドのリガイドの不動産売却をチェック!

 

「マイホームを売りたいけれどどれくらいの値段になるか分からない」
「マンションの査定額を知りたいけれどどうしたら良いの?」
「売るなら少しでも高く売却したい!」

 

このような悩みを抱えている方にオススメしたいのがリガイド(旧SBI不動産)です。東証マザーズ上場のSBIグループが運営している不動産一括査定サービスで、大手ならではの安心感があり、不動産の売却査定だけでなく買取査定やマンションの賃料査定など幅広い査定を取り扱っているのが特徴のサービスになります。

 

リガイドの公式サイトはコチラ

 

リガイド(旧SBI不動産)のメリット

 

 

カンタン入力査定

リガイド(旧SBI不動産)の大きなメリットが面倒な手続きなしで全国の不動産会社から一括査定が受けられることです。

 

物件のエリア、都道府県、市町村、不動産の種類、簡単な間取りを送信するだけで自動的に複数の不動産会社に査定依頼。あとは査定結果がメールで送られてくるので、それをチェックするだけの簡単仕様になっています。

 

複数の査定結果が集まれば…

 

  • 最も高値で売却できる不動産会社がみつかりやすい
  • 不動産の相場が分かる
  • 大手から地域密着系の不動産会社まで幅広く対応してもらえる

といったメリットができます。売却したい不動産にもよりますが、中には査定額に数百万円の差額が出てくることも!

 

厳選された不動産会社が参画

リガイド(旧SBI不動産)に参画している不動産会社は大手から中小に至るまで200社以上にも及びます。誰もが知っている有名不動産会社ばかりとなっているので、安心して任せられるのはメリットでしょう。

 

一口に不動産会社と言っても、不動産売却が得意なところ、買取が得意なところ、仲介が得意なところ…と実に様々。だからこそ、できるだけたくさんの不動産会社から査定してもらうのが重要なんです。

 

売却の他にも買取や賃料査定も!

リガイド(旧SBI不動産)は不動産の売却査定だけでなく、不動産業者が直接買取するための査定や、マンションなどの賃料査定も提供しています。基本的な利用方法は同じで、市区町村や物件種類、簡単な間取りや専有面積を入力するだけでOK!

 

例えば急ぎでマイホームやマンションの売却を考えているのなら、不動産業者に直接買取してもらった方が良い結果が出る場合が多いため、ケースに応じて選べるのは心強いポイントだと言えます。

 

終わりに

今すぐに不動産の売却を考えているわけではないけれど、もしかすると近いうちに検討するかもしれない…といったケースでもリガイド(旧SBI不動産)で一括査定を受けることをオススメします。

 

もちろんマイホームの買い替えを検討していて、住宅購入の予算を知るために売却額をチェックするのにも使えますよね。またリガイド(旧SBI不動産)には様々なお役立ちコンテンツが用意されています。

 

とても膨大な量ですが、少しでも不動産を高く売るためのノウハウがぎっしりと掲載されているので、一度目を通しておくことをオススメします。査定を受けたからといって、絶対に契約しなくてはならない、ということはないので、まずは気軽にチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

自宅売却で少しでも高値を付けるには相場を調べ、査定額が高いところを選ぶのがベスト

自宅を売却するときに「一体どれくらいで売れるのか」「できれば少しでも高く売れて欲しい」と考えるのは当然です。そこでポイントになるのがまずは相場を知ること。

 

いくつかの不動産業者に査定を依頼し、相場をチェックする。結果を元に「どれくらいの価格で売れそうなのか」「どこの業者に任せれば良いのか」を決めていくことになります。

 

査定は受けられるだけ受けた方が良い

自宅売却は基本的に不動産業者を介することになります。そして不動産業者には様々なタイプがあり、不動産売却を得意とする業者に査定を頼むことを最優先させるべきです。

 

「そろそろ自宅売却に向けて動き出さないとなぁ」と思ったら、依頼先候補になりそうな不動産業者をピックアップ、見積もり査定を受けるようにしましょう。

 

業者選びはどうすれば良い?

見積もり査定をたくさん受けた方が高額売却につながりやすいのは間違いありませんが、そもそも不動産業者とあまり接点が無い人の方が多いと思います。

 

こういったケースで頼りになるのが見積もり査定サイトの存在。例えばリガイド(旧SBI不動産)などが挙げられます。

 

自宅に関する簡単な情報を入力するだけで、条件に合った複数の業者から一括で査定が受けられるようになっていて、ある程度の売却額が分かるためとても便利です。

 

土地を含めた一戸建て住宅の場合、査定する不動産業者によって見積査定額にかなりの違いが生じることがほとんど。これは市場データの分析方法が違っていたり、売却方法に違いがあることが理由として挙げられます。

 

高額査定だから無条件で選ぶのは危険かも?

リガイド(旧SBI不動産)などの一括査定サイトを使って数社から査定価格が提示されたとします。その中で1社だけ飛び抜けて高い査定額を提示してきたら…どう思うでしょうか。

 

ほとんどの人は「やったー!」と飛びついてしまうかもしれません。しかしちょっと待って、どうしてこうなったのかを考えるべきです。査定額は基本的にある程度同じくらいになります。それがいわゆる市場価格であり、相場となるからです。これから極端に離れた査定額は注意するべき。

 

もちろん住宅売却に特化したノウハウがあり、他社よりも高く売ることができるなら良いのですが、私たちがそれを判断することは難しいです。なので、高値の査定結果が出たら、まずは「どうして他社よりも高く売却できると見積もったのか」をしっかりと聞いてみることが大切です。

 

終わりに

基本的に私たちが自宅売却で少しでも高額にするためには不動産業者を選ぶことしかありません。もちろんリフォームするなどの工夫もありますが、これだと元手が必要ですし、逆に出費になってしまうリスクも。

 

やはりリガイド(旧SBI不動産)を始めたとしたインターネットで手軽に査定を受けられるサービスを有効活用し、査定価格に納得できる業者を選ぶのがベストであることに間違いありません。是非見積査定を受けてみて、その後実際に現地を見た上で正確な査定額を出してもらいましょう。

 

リガイドの公式サイトはコチラ

一括査定の流れとチェックポイントのまとめ

自宅を売却したいとき、リガイド(旧SBI不動産)などの一括査定サイトを利用するのが最近の主流です。

 

しかしこれまでに利用したことが無い人からすると「どんな風に使えば良いのか分からない」「本当にスムーズに査定が受けられるんだろうか」と心配になるかもしれませんね。

 

そこでここではリガイド(旧SBI不動産)利用の大まかな流れについてチェックしていきたいと思います。

 

一括査定の流れ
簡易査定の情報入力

まずは簡易査定を受けるための、住宅の情報を入力していきます。入力項目は以下の通りです。

 

  • 宅建種別(一戸建て、マンションなど)
  • 物件の住所
  • 面積(大体でOK)
  • 間取り
  • 築年
  • 現況(居住中、賃貸中、空き室など)

 

これらを入力・送信すれば一括査定の準備は終わったも同然です。大体1分ほどで完了します。

 

査定額の見積りが届く

情報を送信したら、複数の不動産業者から見積り結果がメール、または電話でお知らせされます。例えば…「○○万円くらいで売却できます」といった内容ですね。

 

訪問査定を受ける

見積り査定の中で「この業者にお願いしようかな」と思えるところがあったら、電話などで連絡して訪問査定の依頼を出しましょう。すると後日業者の査定士が訪問して、土地や住宅の状態をチェックしながらより正確な査定額を提示してくれます。

 

契約

訪問査定額に納得したら、不動産業者と売却契約を結びます。あとは売却成立まで不動産業者に任せましょう。

 

終わりに

こうやって一連の流れを見てみると、本当に簡単なことが分かりますよね。基本的に自分でやらなくてはならないことはあまりなく、ほとんど業者さんに任せればOK。

 

分からないことや疑問に思うことがあれば、不動産業者に相談すればほぼ解決すると思います。もちろん査定を受けたからといって、必ず契約しなくてはならい…というわけではないので、気軽にリガイド(旧SBI不動産)の一括査定を受けてみてはいかがでしょうか。

 

リガイド(旧SBI不動産)を実際に利用した人の口コミまとめ

 

金融業界で有名なSBIグループが提供しているリガイド(旧SBI不動産)。大手不動産業者が多数参画していることもあって利用者数は年々増加している傾向にあります。

 

そこで今回はリガイド(旧SBI不動産)を実際に利用した人たちの口コミ評判を紹介していきます。

 

忙しい人でも安心して取引できる

 

従来ならわざわざ自分で不動産会社を探さなくてはなりませんでしたが、リガイド(旧SBI不動産)を使えばこの手間を大きく省けるのが魅力だと思います。全国各地の有名どころ、そして地域密着のベテラン不動産会社の参加しているので、とても有利に進められるのではないでしょうか。

 

仕事などでまとまった時間が取れない人でも簡単に査定依頼が出せますし、1回の査定依頼で複数の査定結果がもらえるのは本当に助かります。メールで結果が送られてくるので、何度も電話を取る必要がなく、必要な情報だけを取捨選択できるのも好ポイントですね。気に入ったところだけ連絡する、という無駄のないスタイルになっているのは良いと思います。

 

高額査定がでやすい

近場にある不動産業者に見積り査定をお願いしたのですが、ほとんど土地代だけ、という最悪のケースになってしまいました。これは納得がいかないと思ってリガイド(旧SBI不動産)を試してみたところ、思った以上に良い査定結果を提示する不動産業者が多くてびっくり。

 

「どうせ訪問査定したら値段が下がるんでしょ」と思っていたけれど、ほぼ最初の査定結果のままで行ける、とのことでした。近所の不動産業者を悪くいうつもりは無いのですが、やはり販売ノウハウがある信頼できる不動産業者を選べるかどうかが大事だと痛感しました。

 

リガイド(旧SBI不動産)にはたくさんの不動産業者が参画しているので、満足のいく結果が得られやすいのではないかなと感じています。

 

100万円以上の違いが出る

マンションを売却する予定があって、口コミで話題になっているリガイド(旧SBI不動産)で無料査定を依頼しました。多数の不動産会社から査定結果が送られてきたのですが、それぞれで値段の付け方が大分違うのでびっくり。

 

なかには100万円以上の違いも出てくるほど。何も考えずに売却していたら100万以上の損失が出たと思うと危なかったなというところです。リガイド(旧SBI不動産)のホームページに色々な情報コンテンツも掲載されているので、こちらも参考にさせてもらいました。

 

終わりに

他にもまだまだたくさんの口コミや評価が出揃っていたのですが、今回は中でも参考になりそうな口コミと評判を集めてみました。やはりポイントとなるのは「オンラインで手軽に査定が受けられること」「高額査定が出やすいこと」の2点になりそうです。

 

一戸建て、マンション、店舗問わず、不動産の売却を検討している方は無料で利用できるリガイド(旧SBI不動産)を試してみてはいかがでしょうか。思っている以上に良い値段が付くかもしれませんよ。