MENU

住宅ローンが残っているマンション売却は買い替えローンを使うことで実現できる

住宅ローンが残っているけれど、マンションや一戸建ての売却に踏み切りたい。けれどできない…と考えるのがこれまででした。

 

つまり住宅ローンが残っていると売却できないのがこれまでの常識だったわけです。しかし結論から先に言えば今は住宅ローン残債があっても不動産の売却ができるようになっています。

 

もちろん誰でも必ず実現できるわけではなく、一定の条件を満たしていないと厳しいことに違いはありません。そのポイントになってくるのが買い替えローンの存在です。

 

住宅ローン残債があると売却できないのが基本

まず一戸建てやマンションの買い替えは住宅ローンを完済してからでないと売却できないのが基本です。

 

例えば一戸建てを買い換えたいけれど住宅ローンの残債がまだ1000万円残っている。そこで売却査定をしたら500万円になった。500万円で売ったとしても残り500万円をどうにかしないといけない…といったケース。

 

これまでなら残債の500万円は自分で用意しないと売却できませんでした。

 

買い替えローンを検討しよう

ただ単に売却するだけでなく、次の物件を購入しようと考えている、つまり「買い替え」を考えているなら買い替えローンを使えば残債があっても住み替えられるかもしれません。

 

そのためには「買い替えローン」を扱っている銀行を探すところから始めなくてはなりません。今所有している、売却を検討している不動産の売却額をローン残債から差し引いて、残りの残債を新規に購入するローンに上乗せできる場合があります。

 

条件などは各銀行によって異なりますし、それなりに厳しい審査をクリアしなくてはならないため決して簡単とは言えません。また自力でどうこうできる問題でない部分もあるため、必ず信頼できる不動産業者に相談した上で話を進めていくのが一般的です。

 

買い替えローンで金利が下がることも

残債分を含めて新しいローンを組むのは抵抗があるかもしれませんが、場合によっては金利の安い買い替えローンが見つかる可能性もあります。

 

ご存知の通り不動産に関するローンは基本的に金利は低いものの、長期間にわたって支払い続けなくてはならないので利息が膨大な物になってしまいます。少しでも金利が少ないところを選ぶのがポイントです。

 

もちろん必ずしも金利が安い所が見付かるとは限りませんが、しっかりとリサーチすることが大切。

 

終わりに

ということで今回は残債が残っている不動産でも売却できるか、について紹介してきました。結論としてはローン残債があっても不動産の売却は可能ということになります。

 

必ずしも買い替えローンを利用しなくてはならないわけではありませんが、最も現実的な方法と言えるでしょう。いずれにせよ不動産業者との連携が必要不可欠ですので、まずは信頼できる業者を探すところから始めてみましょう。