MENU

不動産の販売価格は変更できるが戦略的に行わないと効果が出づらいかも

不動産を販売しているにも関わらずなかなか成約に至らない…となると何かしらの手を打たなくてはなりません。そこで最もシンプルかつ有効なのが売却価格を変更することです。

 

そもそも価格を変えることはできるのかについてですが、これは特に問題ありません。契約している不動産業者に相談すればOKです。むしろ重要なのはどのような価格変更を行うのか、という戦略になってきます。

 

じわじわ下げるのは悪手?

不動産の販売価格の変更でよくある失敗として小刻みに少しずつ値下げするという方法が挙げられます。何となく値段を下げたくないときに選んでしまいがちな方法ですが、あまり効果的でないどころか、足元を見られる可能性が高いです。

 

「この物件はこの間から少しずつ価格を下げているから、もう少し待っていればまだまだ下がるぞ」と判断されかねないわけです。一般の買主がそんな判断をできるものなの?と思うかもしれませんが、思っている以上に市場をチェックしている人たちはシビアな見方をしているものです。

 

効果的な価格変更は一気に値下げする

効果的な価格の下げ方は一度だけ一気に値下げして強いインパクトを与えるのが有効だと言われています。

 

例えば3000万円の不動産を50万円ずつ値下げしていってもあまりインパクトはありません。しかし、3000万円の不動産を一気に2500万円まで値下げしたらどうでしょうか。

 

「一度にここまで下がったら今が買いどきだろう」
「今買わないと他の人に買われてしまう!」

 

と考えるのが普通ですよね。購買意欲が刺激されて契約に至るケースがとても多いです。とはいえ、一気に値下げすればその分だけ利益は減ってしまいますし、もしかすると希望通りの販売とはいかないかもしれません。

 

このあたりの感覚は自分だけで決めるのではなく、不動産会社や担当者とじっくり相談しながら決めていくのが良いでしょう。

 

終わりに

ということで今回は不動産の販売価格の変更について紹介してきました。なかなか買い手がつかないので値下げを考えている人もたくさんいらっしゃると思いますが、どれくらい下げるのが良いのか、市場価格をどうなっているのかなど色々な要素を総合的に判断した上で決定しなくてはなりません。

 

無計画な価格変更はただ闇雲に利益が少なくなってしまう可能性が高いです。まずは不動産業者としっかり相談すること。相談した上で販売計画を見直すことが大切です。