MENU

家やマンションがなかなか売れないときは何かしら原因が!適切な対処方法を選んで対策しよう

一戸建てやマンションの売却を始めたは良いものの、なかなか売れない、そもそも内観すら来ない…というケースがあります。

 

ご存知の通り不動産は時間がかかればかかるほど価値が下がってしまうため、できるだけ早く売却できるに越したことはありません。

 

こういった状況も相まって焦ってしまいがちですよね。そこで今回は家やマンションが売れない原因・理由を探りながら対処方法を紹介します。

 

不動産が売れない理由

一般的に不動産が売れない理由・原因として以下の3つが挙げられます。

 

  • 販売価格が高い(適正価格でない)
  • 物件そのものが悪い
  • 不動産会社のやり方が悪い

それでは詳しい内容と対処方法を見てみましょう。

 

販売価格が高い

不動産が売れない理由で最も多いのは販売価格が相場よりも高く、適正価格でない場合になります。例えば首都圏など人気のエリアで多少値段が高くても購入者が現れるであろう見込みがあるならまだしも、そうでない地域なら販売価格を見直す必要があるでしょう。

 

例えば不動産会社がきちんと広告を出しているにもかかわらずそもそも内観が来ない、問い合わせすら来ない場合は販売価格に問題があることがほとんどです。

 

もちろん「せっかく来るなら少しでも高くしたい」という気持ちは良く分かります。しかし買主の気持ちに立ってみれば「少しでも安く良い物件を購入したい」と考えるのは当然で、なかなか買い手がつかないのも納得できるのではないでしょうか。

 

不動産業者ともう一度をよく話し合ってみて、適正価格を計算し直し、買主が現れるであろう販売価格を検討しましょう。

 

物件が悪い場合

売りに出して、内観者は来るものの契約には至らない…というケースだと物件に問題があることがほとんどです。例えば建物自体に問題はなくても、駐車場や周辺状況、道路の状況などに問題があれば見送られるケースもあるでしょう。

 

こうなってしまうと自力ではどうにもならないので辛い状況だと言えますね。一戸建てなら建物を取り壊し、土地を売りに出す、と言った対処方法も取れますが、マンションの場合だと管理費や修繕積立金などのランニングコストが高くつくのが嫌がられるケースもあるのでこの点も見直す必要があるかもしれません。

 

対処方法としてはハウスクリーニングやリフォームを行って見た目のイメージを変えることが有効になりやすいです。もちろん極端に古い建物だとリフォームしてもあまり反響が変わらないこともあります。

 

当然リフォームにかけた費用を上乗せして売却できるとは限らないため、この点も注意しておくべきですね。いずれにせよ不動産業者と話し合う必要があるでしょう。

 

不動産業者が悪い場合

一戸建てやマンションを販売するには不動産会社に営業してもらい、広告を打ち出してもらう必要があります。いつまで経っても反響が無いならもしかすると不動産業者の広告の打ち出し方に問題があるのかもしれません。

 

もう一度PRの仕方や販売活動について話し合ってみて、それでもダメなら不動産会社を変える選択肢も検討しましょう。不動産会社を変えた途端すぐに売れるケースは案外珍しくありません。

 

終わりに

ということで今回はなかなか不動産が売れないときの原因や理由、そしてそれぞれの対処方法について紹介しました。いずれにせよ不動産会社の協力無しにはスムーズな販売に繋げるのは難しく、信頼できる不動産業者を見つけられるかが肝になってきます。

 

懇意にしている不動産会社があるならそちらを選びたくなる気持ちは良く分かりますが、1度リガイド(旧SBI不動産)などの不動産一括査定サイトを利用してみることをオススメします。