MENU

一戸建て住宅の資産価値は土地自体は下がりづらいので使い道が多く、評価されることもある

不動産売却を検討している方のほとんどは一戸建て住宅の売却を考えているのではないでしょうか。一戸建て住宅の資産価値は土地の価格+建物の価格の合計額になります。

 

そのため、建物が古くなってしまっても土地自体に価値があると認められれば資産価値をそれなりのものとなります。もちろん逆もしかりです。今回は一戸建て住宅の資産価値について考えてみたいと思います。

 

建物の価値は下がるが土地の価値は変わりづらい

上記した通り、一戸建て住宅の資産価値は土地の価格と建物の価格を合計して判断されます。建物の価値は年数を重ねるにつれ徐々に低下していきます。一般的に築20年以上の建物はほぼ価値が無いものだと判断されます。

 

例えば3000万円の土地に2000万円の建物を立てれば、その時点だと5000万円の資産価値があることになります。しかし20年経過したら建物の価値が無くなってしまうため、土地の価値3000万円だけが資産価値として残る結果になります。

 

と言っても建物の価値が全くの0になることはほとんどありませんが、それでも極端に下がってしまうのは仕方がありません。では逆に土地はどうなのか、というと土地の価値はあまり下がることはありません。そのため「土地を持っていると安心」という土地神話もあるくらいです。

 

資産価値は変動しやすく簡単に分かるものではない

先程「土地はあまり価値が変わらない」と紹介しましたが、その時々によって状況が変わるのはご存知の通りだと思います。例えば地方だと年々土地の価値が下落する傾向にありますが、都市部は高騰するケースが多いです。

 

要するに社会的に利用価値のある土地か否かが重要なんですね。地方でも土地の資産価値が上がり続けるケースがあります。例えば近くに大型ショッピングモールができたり、駅ができたり…といった場合ですね。

 

このあたりは素人で判断するのは難しいですが、土地のプロフェッショナルやマーケティングに明るい人なら「どのタイミングが1番資産価値が高まるか」が判断できると思います。

 

終わりに

一戸建て住宅の資産価値はほとんどが土地に含まれるものだということで紹介してきました。中には「それだったら売却しないで持っておいた方が良いのかも」と考える方もいらっしゃるでしょう。

 

その選択も間違いではありません。もしかするとゆくゆく土地の価値が上がっていき、売却せずに持っておいて良かったと思える時が来るかもしれません。とはいえ、やはり重要なのは今の資産価値がどの程度なのかをチェックすることです。

 

思っているよりも高値がつきそうなら売却に踏み切っても良いでしょうし、全く値段がつきそうに無いならそのまま持っておくのもひとつの手でしょう。今はリガイド(旧SBI不動産)などインターネット上で手軽に一戸建て住宅の資産価値を調べられるので、有効活用してみてはいかがでしょうか。