MENU

不動産売却価格の相場には様々な種類があるけれど現状最も有力なのが実勢価格

不動産売却を検討する場合、まずは売却価格の相場をチェックすることが欠かせません。とはいえ私達一般人には無縁の話。

 

どの不動産がどれくらいの価値を持っているのか、というのは日常生活の中で意識することはほぼありませんよね。ということで今回は不動産価格の相場を簡単に調べるための方法についてまとめてみました。

 

土地価格の種類

まずは現在日本で用いられている土地価格の種類、そしてそれぞれの特徴を簡単に紹介していきます。

 

実勢価格

実際に市場で取引されている価格を参考にした相場になります。市場価格がベースになっているので不動産売却時の信頼できる相場価格と言えるでしょう。ただし、その時々で大きく変動する上に、データが少ないと精度が低いのがネック。

 

公示地価/基準地価

国や都道府県が公表している地価です。実際に市場取引でも参考にされているデータなので信憑性は高いです。ただし、定められた地点の価格になるため微妙なニュアンスが含まれておらず、実際に売却に出す時にギャップが生じる可能性も。

 

相続税評価額/固定資産税評価額

それぞれ相続税と固定資産税を評価する際に決められた土地の評価額になります。あくまでも時価ではないので正確な数値が出るとは限りませんが、課税明細書などからある程度判断できます。

 

相場を知るなら実勢価格をチェックする

世の中全く同じ不動産は一つとして存在していません。つまり、個別に取引価格が決まってくるわけです。しかしそんなことを言っていると数十万円の費用を出して不動産鑑定をしてもらわないと話しになりません。

 

ということで最も現実的な相場チェックに使われているのが実勢価格になります。私たちが手軽にできて、なおかつ信頼性も高い。さらに言えばそのまま不動産売却に踏み切る可能性も高い方法としてリガイド(旧SBI不動産)などの一括見積り査定サービスが挙げられます。

 

こちらはインターネット上から複数の不動産業者に査定してもらえて、もちろん希望すれば訪問査定(実際に不動産を見ながら査定する)を受けることも可能です。リガイド(旧SBI不動産)を利用すればいくつかの査定結果が手元に集まるため、これらの中央値が相場と言えるでしょう。

 

ただし注意しておかなくてはならないのが、あくまでも査定額であり、実勢価格であるため本当にその価格で売却できるとは限らないということ。あくまでも見積りです。とはいえ、よほどの欠陥が無い限りはほぼ見積り通りの価格で売りに出せます。

 

終わりに

ということで今回は不動産の売却価格の相場をチェックする方法について紹介しました。キーワードは「実勢価格」ですね。正直なところ、いざ売りに出してみないとどれくらいの価格で買い手が付くのか…は分からないのが現実です。

 

もちろん「相場は2000万円だけれど、絶対に2500万円以上で売りたい!」という希望があれば、その通りに進めていくこともできます。これは売り手側の権利です。もちろん早く買い手を探し出したいのなら「相場よりも100万円安く売りに出す」といった方法も選べます。

 

自分1人だけで全てを判断するのではなく、まずは信頼できる不動産業者を探すこと、そしてしっかりと打ち合わせをしながらどのように進めていくのがベストなのかを決めることを意識しましょう。