MENU

売却前のリフォームにかけた費用の分だけ高く売れるケースの方が珍しい

一戸建て、マンション問わず不動産を売却するときに「リフォームした方が高く売れる、有利になる」という話を聞いたことは無いでしょうか。

 

確かに買い手側の気持ちで考えるとリフォームされてキレイな住宅の方が購入しようと言う気にもなりますよね。今回は売却前のリフォームについて考えてみたいと思います。

 

リフォームが有利になることは少ない?

結論を先に言うと「リフォームしたからといってその分高く売れることは無い」になります。例えば売却額1000万円の不動産があったとします。これに300万円かけてリフォームすれば、1300万円で売却できるか…という話になりますよね。

 

しかし残念ながらほぼありえません。というのが、不動産の売却額は「状態のキレイさ」も考慮されますが、それ以上に「築年数」が重要視されています。

 

いくらリフォームしても築年数自体は変わらないですよね。もしかするとリフォームすることで少しは高く売れるかもしれませんが、リフォームした分だけ高く売るのはあまり現実的ではないことを覚えておきましょう。

 

売れ安くはなる!

リフォームすることが全くプラスに働かないのか、と言えば決してそのようなことはありません。売却額自体がアップすることはほぼありませんが、買い手がつきやすくなるのは間違いありません。

 

買主からすると「結構築年数があるけれどリフォームしてあるからキレイですぐに住めそう」と判断されるからですね。要するに「価格の割に良さそうな物件」に感じられるわけです。

 

ということは、売りに出しているけれどなかなか買い手がつかない時の手段のひとつとしてリフォームを検討するのがベストではないかと考えられます。

 

終わりに

今回は不動産売却前のリフォームについて紹介してきました。基本的にリフォームは不要な物だと考えてもらって差し支えないと思います。しかし、壁紙の張り替え程度の簡単なリフォームならやってみても良さそうです。

 

費用としてはかなり少なくおさえられますし、内観に来た買主候補からすれば「キレイ」と判断されるでしょう。とはいえ素人判断でどれくらいのリフォームをするべきか、あるいは全くしないで売りに出すのかを決めるのはやめておいた方が良さそうです。

 

やはり不動産売却のプロである不動産業者に相談し、アドバイスをもらって決めていくのがベストでしょう。