MENU

住宅の買い替えは売却と購入の順番を考えてから!状況に合わせてベストな選択を

今住んでいる住居は売却して、新居を購入したい…つまり買い替えを検討しているけれど、売却が先なのか、購入が先なのかで悩んでいる人がたくさんいらっしゃいます。

 

セオリーとしては売却してから購入なのですが、ケースによってはセオリー通りよりも他の手段を取ったほうが良いことも。

 

売却が先の理由とは?

まずはセオリーである「売却してから購入」の理由について紹介します。これはシンプルに売却額をそのまま購入予算に組み込めるからです。

 

売却と購入を同時に進めるケースがほとんどなので、どうしても売却額に依存した購入計画を立てることになりますよね。特にローン残債がある人はこの方法が無難だと言われています。

 

そもそもローン残債があると、住宅購入時のローンが組めないことがほとんど。ということで、特にこだわりがないなら売却してから購入、という形を選ぶのが良いと思います。

 

ローンがあるなら買い替えローンを検討

もしもローンが残っている状態で、新しく住宅ローンを組んで新居を購入しようと考えているのなら買い替えローンを検討してみてはいかがでしょうか。

 

買い替えローンを提供している銀行に相談し、審査を受ければ利用できるかもしれません。内容としては今あるローン残債を新規ローンに上乗せする、というとてもシンプルなものになります。必ずしも認められるとは限りませんが、現実的な方法だと思います。

 

資金に余裕があるなら購入先行も視野に

もしも資金に余裕があり、売却額を予算に組まなくても大丈夫な人は購入先行が良いかもしれません。というのが、セオリーとなる売却先行だと一時的な住まいの準備が必要になり、余計な費用が発生するリスクがあるからです。

 

例えばウィークリーマンションなどに一旦引っ越して…といったケースですね。引越し代もかかりますし、細々した話だと住民票や印鑑証明証の取得など小さな出費と手間もかかってきます。

 

終わりに

売却が先か、購入が先か…で言えば、やはり売却が優先されるのが一般的、という結論になります。

 

購入・売却共に不動産業者の仲介が不可欠ですし、同時にローン問題についても的確なアドバイスが受けられるため、信頼できる不動産業者を探すことを優先させたいところ。

 

リガイド(旧SBI不動産)などの不動産一括査定サイトを上手に使って、頼れる不動産会社を探してみましょう。