MENU

できるだけ早く不動産を売却するには価格を安くするか、不動産業者に直接買い取りしてもらうのがベター

できるだけ急ぎでまとまったお金が必要、あまり時間をかけられない、といった理由で不動産の売却を急いでいる方もいらっしゃるでしょう。とはいえ、不動産売却はじっくりと時間をかけて行うのが一般的。

 

買主側も即決することはほとんどなく、色々な物件を比較しながら決めるのが普通です。そこで今回は急ぎで不動産売却を検討している方向けのテクニックを紹介します。

 

相場より安い値段で販売する

とてもシンプルな方法ですね。相場より安ければ「お買い得」だと判断する買主はたくさん現れるはずです。もちろん適正価格よりも安い値段で販売すれば買い手は見つかりやすくなるでしょうが、利益は小さくなってしまいます。

 

利益を小さくなっても良いけれど早く売りたい!という方向けのテクニックです。またあまりにも値段が安いと「何か訳ありなのかな?」と警戒されてかえって買主が見つかりづらい場合もあるので少々注意が必要かもしれません。

 

不動産業者に買い取りしてもらう

おそらく最も効果的で現実的な方法だと言えるでしょう。大半の不動産業者は売買契約の仲介をするだけでなく、自社で買取・販売しているものです。

 

一度買取した物件は不動産業者がじっくりと販売できるため、お互いにメリットの大きい方法だと言えるでしょう。ただし不動産業者側もボランティアではないため、必ずしも有利な状況で買取してもらえるとは限らないのが実際のところ。

 

一括査定でより良い値段の買取額を目指す

そこでオススメしたいのが、リガイド(旧SBI不動産)などの一括査定サイトを活用することです。こちらは複数の不動産業者から査定してもらうことができ、これらの中から最も買取額が高いところに依頼できる、というサービスになっています。

 

大手不動産会社から地域に根づいたベテラン不動産業者間で数多く参画しているので、納得のいく価格を提示するところが見つけやすいです。

 

終わりに

ということで今回は不動産売却を急いでいる方向けのテクニックを紹介してきました。やはりオススメなのは不動産業者に買取してもらうことではないでしょうか。

 

例えば「明日までに買取して欲しい!」といった状況だとどのような手段を持っても厳しいと言わざるを得ませんが、スムーズに進めば半月、1ヶ月での売却も視野に入れられるようになると思います。

 

まずはリガイド(旧SBI不動産)を使ってどれくらいの査定額になるのかをチェックしてみましょう。